いつもご愛読頂き誠に有難うございます。
マスターウォールホーム(FACTORY SHOP)です。

マスターウォールといえばウォールナット材ですが、今日は目線をかえて縫製の現場をご紹介致します。
マスタ―ウォールのソファカバーやチェアの座面等、ファブリックのパーツを中心に製造しています。

image1

image2

image3
ファブリックの生地を裁断・縫製する工程です。
ソファやチェアに合わせて、1つ1つのパーツを心をこめて加工していきます。

image4

image5
こちらはチェアの座面です。
ウォールナット材のフレームと組立られ、完成するのが楽しみですね。

マスターウォールで使用されるファブリックは耐光性に優れた生地や、摩擦に強い生地など特徴がそれぞれ異なります。
また、張地によってお部屋の雰囲気も変わります。
ぜひ、実際にソファやチェアに触れて、お好みの張地をお選び下さいませ。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

いつもご愛読いただきまして誠に有難うございます。
マスターウォールホームです。

先日、広島県の建築設計事務所様に「マスターウォール製造工場の見学」をして頂きました。
※広島を拠点に、ライフスタイルに合わせた住まいの設計をされているカレイドデザイン様。
遠方よりお越し頂きまして誠に有難うございました。

本日はその際の様子を簡単にご紹介致します。

マスターウォールの工場では木材の加工や仕上げ、梱包まで全てを行っています。
こちらの倉庫には北米から届いた貴重なウォールナットの無垢材が保管されています。DSCF5014

 

その無垢材はご注文の家具に合わせて、パーツごとにカットされます。
DSCF5017

 

カットされた後、一つ一つ丁寧に慎重に加工がほどこされます。
DSCF5022

 

 

カットや加工が終わった天板は、想いを込めて磨かれます。
DSCF5025

 

最後に木目に沿ってオイルを塗る事で、ウォールナットの木目が際立ち表情が変わります。DSCF5030

 

組み立てると、マスターウォールの家具が完成です。秋のコーディネート
※こちらの写真はマスターウォールホームです。
店内も季節に合うディスプレイに変更し、皆さまのお越しをお待ちしております。

 

また、工場見学に興味がございましたらお問い合わせをお待ちしております。
工場見学のお問い合わせはこちらよりお願い致します。

いつもブログをご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。

マスターウォール横浜でございます。

 

nattu 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、お天気が良かったので、

お祭り気分のナッツ君とマスターウォールの工場へ行って来ました!

 

工場で少し前から気になっていたもの。

”MasterWal FACTORY”と書かれた茶色の建物です。

nattu2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はなかった、チョコレートとバナナみたいな、

美味しそうな色がどうしても気になるナッツ君です。

nattu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近づいてみるとやっぱり美味しそうな色。

ここはチョコレート工場??

 

実は、この建物はサイロと呼ばれるもので、

木材を加工するときに出るたくさんの木屑を機械が吸い取って、このサイロの中に集め、

トラックの荷台に自動的に乗せてくれる画期的な装置なのです!

 

今までは職人さんが自分達で木屑を集めていたのですが、

それがとても大変な作業でした。

今ではその大変な作業がなくなり、職人さんも喜んでいるそう。

トラックの荷台に乗せられた木屑は、牧場などに運ばれ再利用されているそうです。

 

チョコレート工場でなかったのは残念だけれど、

職人さん達が嬉しいのなら良かった!とナッツ君も満足のサイロなのでした。

 

さて、次はナッツ君とどこに行こうかな?