menu
MasterWal
  • Log in
  • Cart
News
Lounge Dining
【特集】お気に入りのラグを足もとに。こんなにある、ラグのメリット!
2018.10.18

news

お気に入りのラグを足もとに。

こんなにある、ラグのメリット!


 

畳やカーペットの床が多かった時代から、今はフローリングが主流になり、欧米と同じく、インテリアコーディネートに欠かせないアイテムとしてラグが注目されています。改めてラグの役割やメリットをおさらいしてみましょう。


 ラグ



■ラグを敷くメリットは、こんなにある!



1.足元を冷えからガード



ひんやりとした感触が特徴のフローリング。冬場に床に座ってヒヤっと感じたことのある人は多いはず。ラグには保温効果があるので、冬場はもちろん、夏のエアコンの冷え対策にもおすすめ。ソファに座って過ごすことが多い場合も、ラグがあれば足もとの冷えが和らぎます。リビングテーブルのまわりに広めに敷けば、床に座ったり寝転がったりしても快適に過ごせます。



2.床の傷つきを防ぐ



フローリングの弱点は、落下物などの衝撃を受けると傷つきやすいことです。特に遊び盛りの小さなお子様がいるご家庭には、ラグはマストアイテムだといえるでしょう。



3.生活音を軽減



足音や、椅子など家具を動かす音など、フローリングではどうしても生活音が立ちやすくなります。特に集合住宅に住んでいると、階下に迷惑をかけていないか気になるもの。ラグを敷いて生活音を軽減するのがおすすめです。



4.埃や花粉の舞い上がりを防ぐ



「掃除をしたのに、また床に埃が・・・」なんて思いをしたことがありませんか。ラグは埃や花粉、ペットの毛などを吸着して、人の動きや風で舞い上がるのを防いでくれます。



5.転倒した時の衝撃や、体への負担を和らげる。



クッション性があるので、長時間座っている時の関節への負担を軽減します。少し厚手のラグなら、小さなお子様やご年配の方が転倒しても衝撃を和らげてくれます。また、フローリングだと滑ってしまうペットも、ラグがあれば安心です。ただし、ラグ裏面の滑り止めをしっかりしておくことも忘れずに。



6.空間にアクセントをプラス



ラグは、手軽に部屋の雰囲気や季節感を変えられるアイテムです。空間にメリハリや彩りを与えてくれ、ワンランクアップした印象に仕上げてくれます。



■リビング以外でも、ラグが活躍



ラグと言えば、リビングを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、他の部屋でも活躍すること、間違いなしです。



・ダイニング



 食卓では椅子を出し入れすることが多く、ナイフやフォークを落としてしまうなど、床を傷つけやすいシーンがいっぱい。そんな時に床を守ってくれるだけでなく、消音効果も期待できます。



ラグ



・ベッドサイド



ベッドから降りた時に直接床に足を付けなくてよいので、冷え防止になります。また、ラグを敷くことで「寝る場所」と「くつろぐ場所」をゾーニングでき、メリハリのある空間に。ベッド横の足もとだけに敷いたり、写真のようにベッドの下全体にラグを敷いたり、好みに合わせてさまざまな配置を楽しめます。



ラグ



・キッズルーム



おもちゃをたくさん広げても、のびのびと遊べるサイズがおすすめです。クッション性のある厚手のラグを敷けば、床でごろごろ寝そべることもでき、防音効果があるので階下にも響きにくくなります。積み木など固いおもちゃを床に落としてしまっても、傷がつきにくく安心ですね。







ラグは、お部屋に彩りやあたたかみをプラスし、足元の冷えも防いでくれる秋冬にぴったりのアイテム。手軽にイメージを変えられるラグで、模様替えを楽しんでみませんか。



 



■写真掲載商品



MASTIFF RUG│マスティフ ラグ 



Premium Luxury MYSTIQUE SHAGGY RUG| ミスティックシャギー ラグ



WILDWOOD LOW DINING TABLE | ワイルドウッド ローダイニングテーブル



REGALO SOFA | レガーロ ソファ



BLOSSOM SOFA | ブロッサム ソファ



KP BED | ケー・ピー ベッド



MORELESS BED | モアレス ベッド