menu
MasterWal
  • Log in
  • Cart
News
Lounge Dining
無垢天板+スチール脚の先駆け!ダイニングテーブル「WILDWOOD」の他にはない魅力とは
2020.07.09

news


 

マスターウォールの審美眼が生んだ、美しい無垢天板とスチール脚のダイニングテーブル「WILDWOOD」



近年見かけることが多い、無垢材の天板とスチール脚のダイニングテーブル。異素材の組み合わせが洗練された雰囲気を醸し出す、人気のプロダクトです。様々なメーカーがこうしたデザインのダイニングテーブルを製作していますが、実はこの組み合わせにいち早く着目したのはマスターウォールです。

マスターウォールの審美眼が生んだ、美しい無垢天板とスチール脚のダイニングテーブル「WILDWOOD」

深い色合いの美しい木目が印象的なウォールナットと、スチール脚を組み合わせたマスターウォールの「WILDWOOD」。ブランドの代表作であり、記念すべきファーストプロダクトでもありますが、1999年の発売当時、この組み合わせはまだ珍しいものでした。

1999年発売のWILDWOOD

マスターウォールの「WILDWOOD」は、無垢材の天板とスチールフレームからなるダイニングテーブルの先駆け的存在。現在は類似品も多く発売されていますが、節や白太のない最高級のウォールナットだけを使用し、職人が素材と品質を追求した「WILDWOOD」の仕上がりは、それらと一線を画すものになっています。この記事では、そんなダイニングテーブル「WILDWOOD」の特徴と魅力を紹介。類似品との見分け方もあわせてお伝えします。



シンプルだからこそ奥深い。ダイニングテーブル「WILDWOOD」の特徴とは



「WILDWOOD」は1999年に発売され、マイナーチェンジを繰り返しながら20年以上愛され続けているダイニングテーブル。無駄を削ぎ落としたシンプルさながらこれだけで何時間も語れてしまうほどの奥深さがある、マスターウォールの代表作です。

シンプルだからこそ奥深い。ダイニングテーブル「WILDWOOD」の特徴とは

特筆すべきはやはりそのデザインです。ソリッドな印象のスチール脚と無垢天板の暖かみが同居する佇まいは、シンプルだからこそ奥が深いもの。もっとも美しいバランスをデザイナーが計算して作り出したデザインは、類似品には真似できない存在感を醸し出しています。

ソリッドな印象のスチール脚と無垢天板の暖かみが同居する佇まい

長く愛用できるオーソドックスなデザインに加え、メンテナンスや磨きなおしを施せるのも魅力。ダイニングテーブルとして生活の中で長く使い続けることで愛着が増していくはずです。

素材や製造工程にも、最高級のダイニングテーブルを作るためのさまざまなこだわりが詰まっています。天板の木材は、世界三大銘木の一つ「ブラックウォールナット」の無垢材を使用。その上でさらに厳しい基準を設け、節や白太のない、素材の美しさをもっとも堪能できる木材のみを採用しています。(マスターウォールがこだわるウォールナットの品質「マスターグレード」の詳細についてはこちらをご覧ください。)

素材の美しさをもっとも堪能できる木材のみを採用

また、木材は経年変化によって反りが出てくるため、通常は反り止めを施すことが一般的。しかし「WILDWOOD」ではスチールフレームの構造を追求し、反りを抑える役目を持たせました。これによって天板に反り止めを施さず、シンプルな構造を実現しているのもポイントです。

天板に反り止めを施さず、シンプルな構造を実現



スチール脚をチェックして、「WILDWOOD」の本物を見極めよう



マスターウォールならではの高い技術とこだわりに裏付けられた「WILDWOOD」ですが、類似品もあります。本物はどのように見分けることができるのでしょうか。そのポイントはスチール脚部分にあります。



見分け方①:スチール脚のテーブルとの設置面が左右非対称



「WILDWOOD」は、スチール脚とテーブルの設置面の大きさが左右非対称になっています。向きを変えることで2通りの脚間が選べるのが、本物の「WILDWOOD」の特徴です。下図のように、脚の取り付ける向きや位置を変えることで、脚間を自由に変えることができます。

脚の取り付ける向きや位置を変えることで脚間を自由に変えることができる[AとB]

脚の取り付ける向きや位置を変えることで脚間を自由に変えることができる[CとD]



見分け方②:スチール脚のテーブルとの設置面のネジの数



「WILDWOOD」で使用しているネジの数は一列あたり5つ。真ん中のみ正円で、それ以外は長穴形になっています。ダイニングテーブルを下から見た時に、ネジが等間隔に5つ並んでいるのが本物の証だと覚えておきましょう。

見分け方②:スチール脚のテーブルとの設置面のネジの数



見分け方③:スチール脚の太さは6cm角



本物の「WILDWOOD」の場合、スチール脚部の太さは「6cm」で統一されています。これはデザインや強度、使いやすさといった要素を考え抜いて決定したもの。これよりも細かったり太かったりしないか、チェックして見てみましょう。

見分け方③:スチール脚の太さは6cm角_1 見分け方③:スチール脚の太さは6cm角_2



見分け方④:スチール脚のカラーは現在4種類



脚部のカラーは、現行品ではスタンダードである「ブラック」、オプションとして選べる「グレー」、「ホワイト」、「オレンジ」の4種類。

スチール脚_ブラック スチール脚_グレー

スチール脚_ホワイト スチール脚_オレンジ

さらに、20周年記念として発売された「ゴールド」(2019年5月10日から2019年12月31日までの限定受注販売のため現在は販売終了)、すでに販売終了している「レッド」「グリーン」「ブルー」「ピンク」を加えた9種類が正規品として販売されています。これ以外は正規品ではないため、注意しておきましょう。

また、脚部がスチールではなくウッドタイプもあります。

ウッド2レッグス ウッド4レッグス



これがあれば確実!マスターウォール正規品の証「焼印」



マスターウォールの正規品には、2013年1月製造分以降は木材部分に製造年月とロゴの焼印が施されています。この焼印は品質を保証し、さらに製造年月から3年の無償保証期間を示すものにもなります。

これがあれば確実!マスターウォール正規品の証「焼印」

焼印の位置は、「WILDWOOD」の場合は天板裏のワイド側に押されることが多くなっています。マスターウォールの公式オンラインショップやショールーム以外で購入する場合や、譲り受けたりする場合には、まずはこの焼印があるかをチェックするといいでしょう。

デスク焼印

ソファ焼印

なお、焼印は「WILDWOOD」やソファ以外についても、マスターウォールで製造している全ての商品に押されています。

チェア1焼印

チェア2焼印

スツール焼印

ベッド焼印

2013年1月以前に製造された製品には焼印はありませんが、製品ごとに品質表示証を発行し、同梱しています。本物かどうか不安な場合は、「品質表示証はありますか?」と聞いてみるのがおすすめです。



毎日使うダイニングテーブルだからこそ、正規品を持つ喜びを



中には「デザインが似ているなら、正規品じゃなくてもいいのでは?」と思う方もいるかもしれません。ですが、正規品を持つことには多くのメリットがあります。

まずは何より「オリジナル」を手にする喜び。そこには職人がプライドを持って作ったものだけが持つ空気と、細部へのこだわりがあります。日々の暮らしの中で使うたびそのこだわりに気づき、魅力を知っていく。その喜びは本物でしか味わえないものです。

木材 設計図

類似品の場合、たとえ購入時には同じように見えても、オリジナルが持つ細部のこだわりまでは表現しきれないことがほとんどです。そのため使っている時に違和感があり、「本物だったら違ったのかも…」と後悔してしまうことも。毎日使う家具だからこそ、そんな違和感を抱えながら使うのは避けたいものです。

正規品と類似品の差は他にもあります。正規品の場合、長く使われることを念頭に置いて作られているので魅力的な経年変化が楽しめますが、類似品は長期的な使用までは考えておらず、購入した瞬間の満足度の高さを第一に優先していることがあります。そのため、類似品はすぐに劣化してしまい、新たに購入し直すことになるかもしれません。こうした類似品はアフターサポートも十分でないケースが多いのも注意が必要です。

正規品はアフターサポートが充実

その点、正規品はアフターサポートが充実しているのが大きなメリット。特にマスターウォールの場合は修理やメンテナンスに加え、リメイクにも対応しています。リメイクでは、大きなダイニングテーブルを小さく切って、ひとまわり小さなダイニングテーブルとベンチにするなど、愛着を持って使い続けた家具を新たに生まれ変わらせることが可能。このようにリメイクをすることで、家具をさらに長く大切に使い続けることができます。

WILDWOODが誕生したきっかけや開発秘話については、こちらで詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。



オリジナルの「WILDWOOD」を安心して購入するならこちら



このように、毎日使う家具を選ぶならオリジナルの正規品にこだわるのがベスト。オリジナルの「WILDWOOD」を安心して購入したい方は、お近くのマスターウォールショールームや公式オンラインショップ、その他正規取扱店での購入が安心です。







オリジナルの「WILDWOOD」を安心して購入するなら

また、ショールームにお越しいただくのが難しい方には、「お家で、マスターウォール。」というサービスもあります。オンラインでのご相談や3Dインテリアプランニング、ご自宅へ家具をお持ちして実際にご覧いただける「マスターウォールヴィジット」(地域限定)を実施しています。ぜひご自身に合った方法で、オリジナルの家具を手に入れてみてください。