menu
MasterWal
  • Log in
  • Cart
News
Lounge Dining
DIYこそ素材にこだわる!高品質ウォールナットを使ったDIYの魅力と作例をご紹介
2020.08.04

news



ウォールナットで、DIYをワンランクアップさせよう



自分の手でインテリアに合った家具や雑貨を作る「DIY」。最近は日曜大工好きな方だけでなく、老若男女問わずさまざまな方が挑戦するようになりました。

DIYで作る家具や雑貨をワンランクアップさせる方法は「素材」にこだわること。たとえば高級家具などによく使われているウォールナットを使用するのはいかがでしょうか。重厚感のある色合いで木肌が美しく、DIY作品に深みと高級感を与えてくれます。

ウォールナットで、DIYをワンランクアップさせよう

しかし、ウォールナット材を探しにホームセンターや木材専門店へ行っても、加工方法や種類がさまざまで、どんなものを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。そこで今回は、こだわりのウォールナット材を使ってDIYを楽しみたい方におすすめの木材をご紹介します。

ウォールナットでDIY_アクセサリースタンド

あわせて、その木材を使ってできるDIYのアイデアもご紹介。ウォールナットは扱いがやや難しく、DIY玄人向けと言われることもありますが、木目の美しさや使い込むほどに風合いが増す木肌、耐衝撃性は愛着をもって長く使うにはぴったり。本記事ではDIY初心者が挑戦しやすいアイデアの他、DIYについて実際に手を動かしながら学べるワークショップの情報もご案内しますので、ぜひチャレンジしてみてください。



高級家具ブランドの環境への取り組みから生まれたウォールナット材



今回ご紹介するのは、高級家具ブランド「マスターウォール」が提供しているウォールナット材です。マスターウォールは1961年に創業した「アカセ木工」が手がける、“100年後のアンティーク家具へ”をコンセプトに掲げるオリジナル家具ブランド。ウォールナットの無垢材で作られたダイニングテーブル「ワイルドウッド」を筆頭に、最高級の木材を使った家具にこだわり続けています。

地球と共存していくために

そして、自然の恵みである木材を使い続ける企業の使命として、環境活動にも積極的に取り組んでいます。たとえば、マスターウォールの家具の材料となるブラックウォールナットの原産地(北米)では、アメリカンウォールナットの植林活動を行っています。

ウォールナット植林活動

その他にもさまざまな取り組みがありますが、中でも特にこだわっているのが、端材の有効活用です。 木製家具や雑貨の製作時には、さまざまな大きさや形の端材が出ます。端材とは、素材を切り出した際に生じる切れ端のこと。そのまま廃棄するのはエコではないうえ、最高級品質にこだわったマスターウォールの木材は捨てるにはあまりにも惜しいもの。そこでDIY素材として端材の販売や、工場近くの保育園への端材の提供などを行っています。

端材で工作する子供たち

端材の販売は、マスターウォールのウォールナットの品質を考えるとかなりリーズナブル。この価格で提供できるのは、マスターウォールが端材を使った取り組みで採算を追求していないため。環境への配慮と、多くの方にウォールナットの良さを感じてもらいたいという真摯な思いから行っています。

ウォールナット端材_半円形

また、DIY用の端材だけでなく、ウォールナットの端材を使った雑貨も販売しています。端材といえど厳しい基準で選ばれた最高級の素材を使っているので、木目の美しさや滑らかな手触りといったウォールナットの魅力を存分に楽しめるものばかり。オンラインショップのオリジナル雑貨一覧ページでご覧いただけますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ウォールナット端材_ハンガー



マスターウォールの端材で作る、ウォールナット愛あふれるDIY雑貨



お客様が作った渾身のDIY作品をご紹介



実際にマスターウォールのウォールナット材を使って、多くの方がDIYを楽しんでいます。ウォールナット材で作られた作品は、リビングテーブルなどの大作から、インテリア小物までさまざま。ここでは、その作例の一部をご紹介します。



■時計(K.Tさん)

端材を4つ繋ぎ合わせることでウォールナットの存在感が増し、空間のアクセントとしても魅力的な壁掛け時計です。金具の取り付けもとても綺麗で、端材とは思えない商品のような美しい仕上がりです。

時計



■ミニテーブル(H.Nさん)

マスターウォールのソファの肘掛け部分に合わせたミニテーブル。オイルも綺麗に塗布されていて、端材とは思えないクオリティの高さです。

ミニテーブル



■インテリア雑貨(H.Eさん)

マスターウォールのオリジナルキャラクターである「ナッツくん」を、それぞれの材でお作りいただきました。滑らかな曲線のカット技術に脱帽です。

インテリア雑貨



■テーブル(H.Mさん)

マスターウォールの製品である「モザイクテーブル」をイメージしたリビングテーブル。目地も綺麗に埋まっていて、無垢材の滑らかさを生かした作品です。スチール脚まで忠実に再現されていて、お部屋の雰囲気がグッと引き締まって見えます。

テーブル



■カトラリー(F.Yさん)

ウォールナットは固い木材なので、このように削り出す作業は難易度が高いですが、さらに細部まで滑らかに磨かれていて素晴らしいです。ご家族でキャンプに行かれる際に使われているとのことで、とても素敵なアイデアです。

カトラリー



■門柱(ふーさん)

まるで備え付けのような門柱です。端材表面のランダムな凹凸は、ソーラーライトで照らすとより一層存在感が増して素敵な雰囲気に。

門柱_1

門柱_2





 



マスターウォールの端材でDIYをするメリットは?



DIYでマスターウォールの端材を使うメリットはいくつかありますが、やはり素材が高品質であること、環境への取り組みの中で生まれたものであることは大きなポイントでしょう。高級家具にも使われる高品質なウォールナットを破格の値段で購入でき、かつ自然にも配慮されている「エコなのに贅沢」なDIY体験は、マスターウォールだからこそできるもの。また、選び抜かれたウォールナットのみを扱っているので、木材に関する知識がなくても安心して購入できます。

無垢材の端材_半円形

端材には、小さな木材を集めて成形した「集成材」と切り出したままの「無垢材」の2種類があり、マスターウォールで販売しているのは「無垢材」。木の自然な木目や香りを楽しむことができ、長く使い込むほどに深みが増して色の変化を楽しめるのも特徴です。無垢材にこだわったマスターウォールの家具製品を愛用している方からも人気。マスターウォールの家具と、DIY製品を揃えるとより統一感のあるインテリアになります。



色んなDIYが楽しめる マスターウォールの端材ラインナップ



現在、マスターウォールでは次のような端材を販売しています。形や素材などさまざまなバリエーションがあるので、DIYで作りたい雑貨を想像しながら見てみてください。



■hazai | ハザイ端材詰め合わせBOX(ウォールナット)

ハザイ端材詰め合わせBOX(ウォールナット)

マスターウォールの顔ともいえるウォールナットの端材。さまざまな大きさのウォールナット15キロ前後を、段ボールに詰め合わせています。深みのある色合いと木目の美しさは端材であっても健在。DIYで存在感のあるおしゃれな小物や雑貨を作るのにぴったりです。





■hazai | ハザイ端材詰め合わせBOX(ホワイトオーク)

ハザイ端材詰め合わせBOX(ホワイトオーク)

ホワイトオークの端材も、ウォールナット同様に15キロ前後の詰め合わせで販売しています。強度に優れたホワイトオークは天板や棚板などに最適。素朴な白い木肌をそのまま味わっても良いですし、好みの色に塗装しても楽しめます。





■hazai | 半円ハザイ半円端材BOX 27枚入り

半円ハザイ半円端材BOX_2

家具製作時に出るウォールナットの半円形の端材を27枚セットでお届け。端材の形状は1枚ごとに微妙に異なります。個性的な半円形は、DIYの幅をさらに広げてくれます。





■hazai LEATHER BOX | ハザイレザー端材詰め合わせBOX

レザー端材詰め合わせBOX_1

木材だけでなく、牛革の端材もDIYの素材として販売しています。さまざまな色や形の端材が組み合わされているので、眺めているうちにアイデアが浮かんでくるはず。コースターやマウスパッドなど、多彩なDIYに使えます。





■ファブリック 生地カット販売

生地カット販売_2

端材とは異なりますが、マスターウォールの家具で使われている生地もDIY用にカット販売しています。ウォールナットの端材と組み合わせて使うなど、DIYに役立ててみてください。





 



お部屋の印象を変える、ウォールナットのウッドタイル


ウォールナットのウッドタイル

また、DIYのアイデアとして壁面などを彩るウッドタイルも販売しています。オイル仕上げによるデザイン性に優れた「モールドタイル」と、無塗装でワイルドな印象を演出できる「リップタイル」の2種類があり、木材の種類はともにウォールナットです。



■MOLD TILE | モールドタイル

モールドタイル_1

モールドタイル_2





■RIP TILE | リップタイル

リップタイル_1

リップタイル_2





どちらも実際の施工は専門業者に依頼することをおすすめしていますが、こうしたタイルを壁面に貼ると、お部屋の印象ががらっと変わること間違いなし。色味や木目の違うウォールナットがモザイク状に組み合わさることで、独自の存在感を演出できます。

マスターウォールの店舗では、実際に壁面にこのウッドタイルを使用しているところもあります。ぜひ、お近くの店舗で確かめてみてください。

ウッドタイルを使ったマスターウォール店舗の壁面



DIY用のウォールナット材は、ぜひマスターウォールで



初心者でもOK!店舗ではDIYワークショップを定期的に開催



「DIYに興味はあるけど、工具も持ってないしできるか不安…」という方もいらっしゃるかもしれません。マスターウォールの各店舗では、そんなDIY初心者の方のためのワークショップを定期的に開催しています。

ワークショップで作れる作品例

ワークショップでは鍋敷きやキャンドルホルダーなど、手軽に作れてすぐに生活に取り入れられる雑貨を製作します。少人数制で講師が基礎から教えてくれるので、これからDIYをはじめてみたいという方にもぴったり。

その他、親子でものづくり体験をしてみたい方や、マスターウォールの高品質なウォールナットに触れてみたいという方にもおすすめです。開催は、公式サイトのイベント・ワークショップ一覧ページや各ショールームのページでもお知らせしています。





 



こだわりのウォールナットで、世界に一つのDIY作品を



自分の好みにとことんこだわり、お気に入りの家具や雑貨を作れるのが魅力のDIY。マスターウォールの高品質なウォールナットを使うことで、そんなDIYをさらに楽しむことができます。

ワークショップ_時計

最近は自宅で過ごす機会も多く、テレビや読書などの「情報のインプット」に偏りがち。DIYのように手を動かして作品を生み出す「アウトプット」の作業は、とても良いリフレッシュになるはずです。夏休みの自由研究にも最適なので、家族でアイデアを出し合って、DIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。

端材はマスターウォールのオンラインショップ限定アイテムになります。DIY商品一覧ページでご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。