menu
MasterWal
  • Log in
  • Cart
News
Lounge Dining
憧れのゆったり快適空間を実現する「デニッシュソファ」の秘密
2020.08.03

news

マスターウォールで、断トツの人気No.1を誇る「デニッシュソファ」。近年、人気を集めているロースタイルソファですが、デニッシュソファには人気を集めている二つの秘密があることをご存じですか?

一つ目の秘密は、リラックスを追求した設計の中で生まれた抜群の「座り心地」。

二つ目の秘密は、様々なライフスタイルに対応できる「バリエーション」の豊富さ。

今回は、デニッシュソファが生む座り心地の秘密と、チョイ足しするだけでライフスタイルのバリエーションが驚くほど広がるオプションアイテムについて紹介していきます。


立つのが嫌になるほど⁉リラックスを追求した座り心地とは



一般的なソファに比べて奥行きが広くとっており、50センチ以上のゆったりとした座面が特徴です。座クッションの素材にはウレタンフォームを使用し、高さを床から30㎝に設計することで、座った際には身体を預けて寝ているような座り心地を実現させました。背クッションには、ポリウレタンにフェザーを配合しており、背中へのふっくらした当たり心地でゆったりと座ることができます。ソファに座った際に「何も考えず脱力したい、リラックスしたい」という方にはピッタリのソファです。



■寝ているような座り心地には秘密がある

座クッションが低いため、奥まで腰かけて座わると床に脚を投げ出せる高さとなり、まるで寝ているような座り心地になります。デニッシュソファの土台には、ゴムを織り込んだベルト素材「ウェービングテープ」を採用しており、テープを格子状に張り込んだ土台がトランポリンのような役割をしてくれます。トランポリン状の土台に奥行きがある低い座面をあわせた結果、寝ているような座り心地と創造以上にくつろぎの時間を提供してくれるソファとなりました。リビングの理想は「力を抜いて楽ちんであること」「毎日の疲れた身体を癒したい」そんなリビングを追い求めている方には、デニッシュソファが最適解です!



■自分好みのカラー!選択できる生地は80種類以上

座り心地だけでなく、ウォールナットの無垢材を使用したフレームには、約80種類の中から理想のファブリックを選択して張り替えることが可能です。ロータイプソファのスタイリッシュなデザイン性に、好みの生地を選択することで自分だけのこだわりを投影できることも人気の理由です。



  デニッシュソファ商品詳細  



様々なライフスタイルに対応可能!充実したオプションアイテム

デニッシュソファが人気を集めるもう一つの理由は、様々な使用シーンに合わせて開発された豊富なオプションアイテム。カウチソファは勿論、オットマン、デニッシュテーブル&クッションパット、ヘッドレスト、Dクッションなど、代表的なアイテムだけでも既に5種類。この豊富なオプションアイテムをデニッシュソファに組み合わせることで、様々なライフスタイルに合わせて対応が可能になります。



■使い方は自由自在、優れたバイプレイヤーオットマン



普段は脇役だけど、なくてはならないアイテムがオットマン。デニッシュソファに合わせて、配置を変えることで色んなシーンに対応可能になる、名バイプレイヤーです。テーブル横に離れておくことでロースツールに、デニッシュカウチに隙間なくオットマン配置し、デニッシュソファを組み合わせることで大型のL字コーナーソファにも。



スペースの都合上で、カウチを置けない場合は、ソファに隙間なく置くことカウチソファの代用にもなります。オットマン一つあるだけで、家族や友人が集まっても、余すことなくソファを使えるようになります。



  デニッシュオットマン商品詳細  



■自由な配置が可能になるデニッシュシェルフ



ソファを配置する際に、最もスタンダードなのが壁にピッタリくっつける壁付けスタイル。デニッシュシェルフは、お部屋の中心にソファを置くことを想定したオプションアイテム。通常使わないソファの背面に専用のロータイプシェルフを組み合わせることで、背面収納を兼ねたシェルフになります。



デニッシュシェルフの板座にクッションパットおくと、ベンチとしても使用可能になります。ソファの背面を収納兼ベンチにすることでソファの背面が有効活用できるようになり、リビングの中心にソファを配置することで、自然と家族や友人がソファへと集まる空間が生まれます。リビングが広めのお客様には、是非オススメしたいアイテムです。



  デニッシュシェルフ商品詳細  



■ローソファの悩みを解決する、人気アイテムヘッドレスト



ローソファを使う際の唯一の悩み…。ローソファは背もたれが低いため、座った際に頭部のホールド感がないところ。そんなローソファの悩みを解決し、より快適にリラックスできるソファを目指して開発されたアイテムがヘッドレストです。使い方は簡単、ソファの背クッションにヘッドレストを差し込むだけ。ヘッドレストを組み合わせることで、ロータイプソファでも首をしっかりサポートできて、より快適なリラックスできるソファへとアップグレードします。



ヘッドレストに使用する生地はソファと合わせることで、スタイリッシュなデザイン性のままお使いいただけます。差し込みタイプなので使わない時は簡単に取り外しも可能となります。マスターウォールのソファをお使いの方は、ポロソファなどでも使用可能なので是非ショールームにてご体験ください。



  ヘッドレスト商品詳細  



■二刀流クッション、ボルスター付きクッション



先ほど紹介したヘッドレストに比べて、柔らかいホールド感で首をサポートしてくれるのがボルスター付きクッション。ボルスターをソファ上部に置くようして使用すればヘッドレストに。ホルスターを背クッションの間に入れて使えば、背中を優しく支えてくれるクッションになります。ベースはクッションタイプで置く場所も選ばないので、ソファの座面に引っ掛けて床に寝転んだり背もたれとして活用できたり自由な使い方ができるのでコチラもオススメです。ヘッドレストとの違いを是非体感してみてはいかかでしょうか。



  ボルスター付きクッション  




■リビングがホームオフィスに、テッドオケージョナルテーブル



リモートワークの救世主!デニッシュソファに合わせるだけで、リビングがホームオフィスへと早変わりする万能アイテム。コンパクトに持ち運びも可能ですが、幅が70㎝、奥行きが41㎝とソファに座りながらでも十分にパソコン作業ができてしまいます。高さは二種類ありますが、デニッシュソファに合わせる場合は56㎝が推奨サイズです。(※高さ60㎝もあり)簡単に設置が可能なので作業をしない時は、ソファの横に合わせてサイドテーブルとしても使えます。家族が寝静まった後に、リビングでゆっくりと仕事するのもよし、動画をみたりと、リビングの



  テッドオケージョナルテーブル  


■紹介商品一覧



最後に…

マスターウォールは、ご注文をいただいてから、岡山にある本社工場で職人が一つ一つ丁寧に手作業でつくっています。それは、ソファもオプションアイテムも同様です。人気があるからこそ、丁寧にしっかりと使われるお客様のことを考えながら作っています。だからこそ、こうして様々ライフスタイルに対応できるオプションアイテムが生まれました。色んなライフスタイルに適応できるデニッシュソファ、是非、マスターウォールのショールームにて、体感ください。



マスターウォールマーケティングチーム