menu
MasterWal
  • Log in
  • Cart
  • showroom
  • showroom
  • showroom
  • showroom
  • showroom
La Boite concept


La Boite concept
La Boite Concept(ラ・ボワット・コンセプト)は、1930年代からフランスの音響業界をリードしてきたスピーカーブランドSIARE®社の創業者マリー・カニャールの孫ティモシー・カニャールにより2008年に設立。

音響一家であるカニャール家に3世代80年に渡り伝わる音響へのノウハウと、 モダンなデジタルテクノロジーを融合させたエルゴノミック(人間工学に基づいた)製品を送り出しています。
特許技術に基づく立体感のあるサウンドと、家具としてのインテリア性を融合させたオールインワンスピーカーが特徴です。


POP UP SHOP

マスターウォール青山 & オンラインショップ

La Boite Concept(ラ・ボワット・コンセプト)のPOP UP SHOPを、マスターウォール青山とオンラインショップで開催。
マスターウォール青山とオンラインショップでは、商品をご購入いただける他、青山店では、ラ・ボワット・コンセプトのスピーカー3機種を展示し、実際の音を体感いただけます。

期間:2020.7.16 THU. - 9.30 WED.
  • TOKYO
    マスターウォール 青山
    〒107-0062 東京都港区南青山2-26-11青山グラフティ1F・2F(受付2F)
    Open / 11:30 - 19:00
    定休日 / 毎月第3水曜日 ※祝日営業(年末年始・他臨時休業有り)
    TEL / 03-6804-1133

  • ONLINE
    マスターウォール オンラインショップ
    E-MAIL web@masterwal.jp
    TEL:03-6263-9585
    受付時間:平日・土・日 10:00~18:00(定休日:不定休)







LINE UP

ラインナップ




LX Turntable

LX ターンテーブル



LX




LX
コンパクトなユニットでのライブ演奏
LXは、La Boite conceptの研究所CC LABが特許を取得した新技術Wide Sound3.0®により、驚くほど高音質で没入感があり、歪みのないサウンドを実現した、デスクサイズのオールインワン・アコースティックスピーカー。

LXは、非常に広い帯域幅のおかげで、ダイナミックかつ歪みなく全ての周波数を再生し、ボリュームやミュージックスタイルに関わらず、ライブオーケストラに近いナチュラルなリスニング体験をもたらします。
LX
ターンテーブルを装備
レコード愛好家のためにLXは、スピーカーとターンテーブルを組み合わせたバージョンをカスタム。
スピーカーのトップパネルは、ケーブルやシャーシが隠され、レコードが浮遊しているかのような印象のクリーンでミニマルなデザインになっています。 また、テイラーメイドの衝撃吸収バネを備えた防振ボードは、理想的なリスニングを提供します。
LX
ユーザーフレンドリー、
普遍的で、将来性のあるデザイン性
タイムレスなデザイン性とサステナブルなテクノロジー。 LXはすべての音源ソースと互換性があり、時間の経過に伴うそれらの進化にも適合可能です。

LXは、入力用の控えめなトラップドアによって目に見えるケーブルがないため、ミニマルなアウトラインを実現しています。 また、質の高い木材を用いることで、時代を超越した家具のような仕上がりになっています。
LX
一貫したシステム
5つの専用スピーカーは、285ワットの総電力に達します(システム4.1)。 8オームのHi-Fiパワー、160ワットの0.1%THDを持つ5つのクラスDアンプ(1 x 90ワット+ 2 x 20ワット+ 2 x 15 RMSリアルワット)。
サウンドレベル: 104 dB/1m(150m²の部屋を音楽で満たすことができます)

前面:2グラスファイバーミッドレンジ、アルミニウムコーン付き
背面:2ツイーターTWZ WS3.0®コーン、内部凸型ディフレクターを装備
下部:1バスレフウーファー、ロングエクスカーション セルロースパルプコーン

ターンテーブル:Elipson社製。超剛性合板、カーボンアーム、Ortofonカートリッジを装備。

新しい特許技術Wide Sound3.0®
La Boite conceptの研究所CC LABが特許を取得した新技術Wide Sound3.0®により、驚くほど高音質で没入感があり、歪みのないサウンドを実現したオールインワン・アコースティックスピーカーです。
3代にわたるノウハウに忠実なLa Boite Conceptは、40年前にカニャール家が設計したスピーカーのTWZツイーターを改善し、インハウスラボでの4年に渡る研究開発の末、ソフトで正確な高音の再生を可能にする2つの凸型デフレクターを備えたツイーターを最適化しています。
この内部の凸型デフレクターは、LXスピーカーシステムの背面で音を反射し、リスナーが立っている時や、大きな部屋でスピーカーから離れている時でも、高音を歪ませることなく高解像度の音源に浸ることができます。
LX
あらゆる音源を再生
アクティブスピーカーLXは、従来のオーディオシステム(ビニールプレーヤーやCDプレーヤー)、さらにあらゆるデジタルデバイス(テレビ、ブルーレイ、タブレット、スマートフォンなど)の音源の復元を高音質で再現します。

小さなデスク形状のLXスピーカーは、タブレット、ラップトップ、防振システムを備えたターンテーブル、CDプレーヤー、さらにワイヤレス音源などあらゆるデバイスと互換性があります。また、トラップドア内にはSonos®、Airplay®、Airport Express®、Google® Chromecast Audio®…などのワイヤレスレシーバーの収納が可能です。
寸法 幅 69cm x 奥行 48cm x 高さ(脚含む)79cm
重量 30 kg(パッケージ重量 2個口 / 15kg + 27kg)
総電力 315W
RMSパワー 180 W
推奨リスニング面積 150㎡(約45坪・82畳)
最大リスニング面積 200㎡(約60坪・110畳)
スピーカー フロント:2 xアルミニウムコーン グラスファイバーミッドレンジ
背面:2 xアルミニウムツイーター+内部デフレクター (特許技術Wide Sound 3.0®)
下部:1 xセルロースパルプコーン バスレフウーファー
ターンテーブル 超剛性合板・カーボンアーム:Elipson社
カートリッジ:Ortofon社製「OM10」
接続 BLUETOOTH®APT-X
Bluetoothバージョン4.0
DAC USB 24ビット入力
アナログRCA入力
アナログ3.5mm入力
デジタルTOSLINK(24ビット)入力
ボイスコントロール対応
マルチルームシステム互換
ワイヤレスチャージャー互換
USBタイプA出力
保証期間 出荷日より1年間



CUBE

キューブ



CUBE


CUBE
比類のないシンプルさ
コーヒーテーブルサイズのコンパクトなデザイン。
脚には無垢材が用いられ、本体とのコンビネーションがインテリア性の高い佇まい。 ワイヤレス対応の高機能でパワフルなスピーカーです。

CUBE
ナチュラルな3Dサラウンドサウンド
臨場感あふれるWideSound®2.0テクノロジーを組み込んだスピーカーが生み出す、ナチュラルで没入感のあるサウンド。
デジタル音源を高品質で再現します。
CUBE
タイムレスなマテリアル
末永く使用いただくことを念頭に、品質にこだわる熟練のクラフツマンが、ウッドを用いヨーロッパ・バスク地方で組み立てています。
CUBE
WIDE SOUND® 2.0
WIDE SOUND® 2.0 リアスピーカーの音が内部のリフレクターに反射し、ナチュラルな3Dサウンドに。

自社のラボで開発されたこの特許取得済みの技術により、室内のスピーカーの位置に関わらず、拡がりのあるステレオ性、比類のない没入感とサウンドの安定性が可能になっています。
CUBE
3Dサラウンドテクノロジー
Cubeには、低音用のフロントスピーカー1つと、ワイドサウンド®2.0 3Dサラウンドテクノロジーを組み込んだリアスピーカー2つの計3つのスピーカーがあり、床から天井まで360度四方にサウンドが拡がります。

正面中央のウーファーには、ハイクオリティな低音を再現するダブルバスレフを装備。
背面の2つのフルレンジスピーカーには独自の内部リフレクターがあり、比類のないサウンドの安定性を可能にします。
CUBE
セットアップ
有線・無線接続に対応し、あらゆるオーディオソースに適しています。

CUBEの下底面には、デバイスを接続する入力を搭載しています。
アナログRCA入力、CDプレーヤーやテレビと接続し音声と画像の間の遅延を生まない光ケーブル入力(DAC 24ビット192Khz)。
ミニジャック(3.5mm)入力は、コントロールボタンの近くのデスクパッドにあります。
寸法 横幅 49cm x 奥行47cm x 高さ35cm
重量 17 kg(パッケージ重量:19kg)
総電力 200W
RMSパワー 100 W
推奨リスニング面積 70㎡(約21坪・38畳)
最大リスニング面積 150㎡(約45・82畳)
スピーカー 1 x 13 cmアルミニウム コーン ダブルバスレフウーファー
2 x 8cmアルミニウム フルレンジリアスピーカー+内部リフレクター
(特許技術Wide Sound2.0®)
2 x 6cmアルミニウム バスレフベントポート
接続 BLUETOOTH®APT-X
Bluetoothバージョン4.0
アナログRCA入力
アナログ3.5mm入力
デジタルTOSLINK(24ビット)入力
ボイスコントロール対応
マルチルームシステム互換
保証期間 出荷日より1年間



PR/01


PR




PR
スピーカー兼マルチメディアステーション
ユーザーの全ての音源ソースとの接続を可能にするパワフルでコンパクトなオールインワンスピーカー。
高いユーザビリティと、オーディオソースの多様性・その進化に対応するすべてのコネクターを備えています。
CUBE
普遍的なデザイン
ハイエンドの素材から作られたPR / 01は、天然のウォールナット材で覆われた合板の超剛性フレームに、頑強なアルミニウムによるコントロールパネルとボタンを備え、既存のオーディオ接続さらに、未来のテクノロジーとの互換性も考えられたデザインになっています。
CUBE
たった一つのコントロールボタン
直感的な操作が快適なコントロールボタンは、ミニマルでインテリア性の高いデザインを実現しています。
CUBE
NATIVE UNION

LA BOITE CONCEPT
NATIVE UNIONのモバイルガジェット(ワイヤレスチャージャー)を本体内部にカスタマイズが可能。

NATIVE UNIONの人間工学に基づいたノウハウを注ぎ込み開発されたPR / 01は、ミニマリズムとエレガントさを兼ね備えたオブジェクトです。 このHi-Fiスピーカーは、USB/USB-Cケーブルやワイヤレスチャージャーを内部の引き出し内に隠しながら、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの充電が可能で、ケーブルレスな体験を実現できます。
CUBE
Hi-Fi アクティブスピーカー
伝統的なHi Fiサウンドをリスペクトしながら革新する

このPR / 01の卓越したパフォーマンスを実現するために、La Boite ConceptのR&Dチームは70年代にカニャール家が開発した特許技術に、革新的なデジタルテクノロジーを用いさらに進化・改善。7年に及ぶ研究・開発の末、コンパクトなボリュームでありながら高い原音再現性を可能にしました。Active Pression Reflexと名付けられたこの新しい特許技術から、PR / 01が誕生しました。

PR/01の持つ極端な低音域における卓越した音圧は、数値で制御される2つのスピーカー(1つの内部ウーファーを含む)の気密室内の圧力チャンバーシステムから生まれ、複数のデジタルアンプによって調整されます。
この特注のアンプは、非常にコンパクトな筐体から、特に極端に深い低音域において並外れたパワフルさと精細さをもたらします。

「これまで、コンパクトサイズのスピーカーは、原音の忠実な再現性において技術的な制約があり物理的に不可能でした。 しかし、私たちのPR / 01はこれまでのセオリーを打ち破ることに成功しました。」

Timothée Cagniard, CEO La Boite Concept

CUBE
すべての音源ソースを接続
Bluetooth apt-x®、または独自のワイヤレスおよび/音声起動ストリーミングシステム(Apple Air Play、Google Chrome Cast、Amazon Echoなど)を介してワイヤレススピーカーと接続可能。

最適なロスレスサウンドを再生するに、RCAまたは光ケーブル(DAC 24ビット)を介して音源ソースとの接続が可能。 さまざまなオーディオ入力により、iOS、Microsoft、またはAndroidデバイスとの互換性もあります。

隠しドロワーは、ポートと充電ケーブル、および保管スペースへのアクセスを提供します。
また、ワイヤレス充電器を外箱の内側に設置するオプションもあり、デバイスはワイヤレスで充電可能です。
光ソケット、USBおよびUSB-Cのおかげで、スピーカーは既存および将来のワイヤレスレシーバーや音声認識と互換性があります。
カラー ウォールナット オーク
寸法 横幅41cm x 奥行25.6cm x 高さ23.7cm 横幅41cm x 奥行25.6cm x 高さ23.7cm
重量 12kg(パッケージ重量:14kg) 12kg(パッケージ重量:14kg)
総電力 200 W 240 W
RMSパワー 100 W 100 W
推奨リスニング面積 70㎡(約21坪・38畳) 70㎡(約21坪・38畳)
最大リスニング面積 150㎡(約45坪・82畳) 180㎡(約54坪・98畳)
スピーカー 1 x 5インチ セルローズパルプ ウーファー
(特許技術Active Pression Reflex®)
2 x シルクドーム ツィーター
1 x 5インチ アルミニウム ウーファー
(特許技術Active Pression Reflex®)
2 x シルクドーム ツィーター
接続 BLUETOOTH®APT-X
Bluetoothバージョン4.0
RCAアナログ入力
3.5mmアナログ入力
TOSLINK(24ビット)デジタル入力
ボイスコントロール互換
マルチルームシステム互換
ワイヤレスチャージャー互換
USBタイプA出力
USB-タイプC出力
BLUETOOTH®APT-X
Bluetoothバージョン4.0
RCAアナログ入力
3.5mmアナログ入力
TOSLINK(24ビット)デジタル入力
ボイスコントロール互換
マルチルームシステム互換
ワイヤレスチャージャー互換
USBタイプA出力
USB-タイプC出力
保証期間 出荷日より1年間 出荷日より1年間



About La Boite concept

ラボワットコンセプトについて



La Boite concept
La Boite Concept(ラ・ボワット・コンセプト)は、1930年代からフランスの音響業界をリードしてきたスピーカーブランドSIARE®社の創業者マリー・カニャールの孫ティモシー・カニャールにより2008年に設立。

音響一家であるカニャール家に3世代80年に渡り伝わる音響へのノウハウと、
モダンなデジタルテクノロジーを融合させたエルゴノミック(人間工学に基づいた)製品を送り出しています。
特許技術に基づく立体感のあるサウンドと、家具としてのインテリア性を融合させたオールインワンスピーカーが特徴です。
PR
音響の伝統と革新的な技術
La Boite Conceptは、伝統的なHi-Fi業界におけるカニャール家の歴史、モダンなテクノロジーを最適化し、エルゴノミックな「オールインワン」製品を設計します。 ティモシー カニャールと彼のチームは、80年に渡り世代から世代へと伝えられてきたノウハウ、伝統と技術に敬意を払いながら、情熱と厳格さをもって製品づくりを行っています。
CUBE
音響に特化した80年のノウハウ
1938年、自由で現代的そして先見の明のある女性マリー カニャール イエラミアンは、スピーカーブランドSIARE®を設立。 当時は、起業や電気音響業界が女性に対してあまりオープンではなかった時代にもかかわらず、ラジオの部品オペレーターからクラフツマン、スピーカー製造、さらにオーディオ業界へと、革新性をもって電気音響業界にアプローチしたマリーは成功の象徴となり、メディアの最前線にSIARE®ブランドが躍り出ます。

1970〜80年代にはSIARE®社は、フランス最大のスピーカーメーカーに。 経営するマリー、息子のティエリー、およびDavisアコースティックス社の創設者であるミシェルヴィサンは、彼らの時代を現代性と品質で特徴づけ、このブランドの成功をもたらすスピーカーの創造の原点となりました。
CUBE
CC LAB:ユニークなドライバーとスピーカー
La Boite Conceptの遺産は3世代に渡って継承されており、バスク地方の中心に開発研究所を構えています。
その信念は、妥協のない品質の製品を送り出すことであり、A to Zそれぞれの各コンポーネントが検討および開発される必要があるということです。それが、私たちの信念への忠実さでもあり、ナチュラルでピュアなサウンドを復活させるという目的に一歩ずつ近づくことに繋がります。
CUBE
Hi-Fiアクティブスピーカー
La Boite ConceptのR&Dラボ(CC LAB)は、2008年の設立以来、国際的に特許を取得した複数のオーディオテクノロジーを開発してきました。 ギヨームとティモシー カニャールが製造開発したモデル「La Première」は、アーケードゲームターミナルのシルエットのオールインワン オーディオシステムにおいて、La Boite Conceptのビジョンを具現化。テーラーメイドでハイエンド、且つオールインワンのステレオサウンドは、モダンな使用用途を考慮したデザインに。

2010年にCC LABは、Wide Sound®テクノロジーを統合したLD(コンピューター用の最初のHi-Fiステーション)を開発し、コンパクトでモノブロックのユニットを通して、音の反射と拡がりによる没入感を伴ったステレオサウンドの拡張を可能にします。 これに続き、「Cube」モデルおよび「Wide Sound W」モデルに統合されたWide Sound 2.0へ特許が付与されています。

2017年、7年間の研究を経て、CC Labは数値制御された2つのスピーカー(1つの内部ウーファーを含む)の密閉チャンバーの実装により、卓越した音質の再生を提供するActive Pressure Reflex®(PR)テクノロジーを発表。この密閉チャンバーシステムは、複数のカスタムビルドされたデジタルアンプで構成され、非常にコンパクトなボリュームながら、特に強い低音を再現し、並外れたパワーとモジュール性を備えています。

2019年には、CC LabはWide Sound 3.0を装備したLXモデルを発売。LXモデルは、2つの凸型デフレクターを備え、原音に忠実、且つリスナーの位置や部屋のサイズ・音量に関わらず、指向性を損なわない高音と最適なリスニングを実現しています。






ONLINE SHOP

ラインナップ