FLOS -SPLUGEN BRAU-

フロス -スプリューゲン ブラウ-

商品コード
FS-SPLUGENBRAU

飾られる場所で表情が変わる名作照明

ミラノのバー「SPLUGENBRAU(スプリューゲンブラウ)」のために1961年にデザインされ、数々の賞を受賞した名作照明。波打つシェードが個性的です。
磨き上げたアルミは、飾られた環境にある色や光を映し出すことでより照明としての個性を発揮します。

※こちらの照明は引掛けシーリング・ダクトレール・直付け(要電気工事)の3つの仕様からお選びいただけます。ご家庭の照明器具の仕様をお確かめの上、ご注文くださいませ。
尚、ご不明点はチャットまたはこちらからお問い合わせくださいませ。


Brand:FLOS
Designer:Achille & Pier Giacomo Castiglioni
Production:1961

SELECT
¥75,900 ~ ¥82,500(税込)
商品のサイズや形状、ご選択いただくスペック・ オプションによって価格が異なります。
プロダクトシートをご覧いただくか、下記よりご希望のサイズを選択してください。
STEP1 スペック・オプションを選択してください
コードの仕様
未選択です
スペック・
オプション選択
STEP1 スペック・オプションを選択してください
仕様をお選びください(価格は税抜表示です) 合計金額:¥ 82,500円
コードの仕様 必須:1
戻る お見積りを確認する
詳細情報

素材 アルミニウム
サイズ φ36×H21(cm)
全長 直付け仕様:250cm
引掛仕様:100cm
ダクト仕様:90cm
重さ 約1.5kg
光源 シルバーボール球 1 × 100W (E26)
お届けの目安 約1週間~ ※在庫状況により変動する可能性がございます
※「売り切れ」の表記がない場合も、一時的に品切れとなっている場合がございます。
※品切れの場合、お届けに数月かかる場合がございます。予めご了承下さい。
お急ぎの場合は予め在庫状況をお問い合わせください。


特記事項


■電球は商品に含まれております。
■コードの長さ変更につきましては都度見積となります。お気軽にお問い合わせくださいませ。
■電気工事が必要な場合は別途施工費が発生いたします。また当店では施工は出来かねます。
 あらかじめお近くの工務店へご相談くださいませ。

BRAND

FLOS

1962年イタリアのメラーノ(Merano)にて創設。
イタリアデザインの巨匠、ACHILLE & PIER GIACOMO CASTIGLIONI兄弟がFLOS創業に参画し、
「コクーン」と呼ばれる繊維を使って作られた照明がFLOSの原点。
最新の革新的な技術とともに、モダンな照明デザインを牽引するプロダクトを提供し続けている。

また、PHILIPPE STARCK, JASPER MORRISON, MICHAEL ANASTASSIADESらをはじめとする
才能豊かなデザイナーたちと数々の名作照明を発表。
2005年からはスペインのメーカーAntares(アンタレス)との協業により、一般に多く知られる住宅向けの製品のほかに、
商業施設や公共建築向けのarchitecture製品も多く手掛ける。

近年はのアウトドア製品も注目を集めている。


[ブランドの商品を見る]

DESIGNER

アキッレ・カスティリオーニ / Achille Castiglioni

1918 - 2002 イタリア・ミラノ生まれ。
ミラノ工業大学建築学科を卒業。兄のリヴィオ・カスティリオーニ(1911-79)、ピエル・ジャコモ・カスティリオーニ (1913-68) の事務所で、建築、インテリア、展示会のデザインから家具や小物にいたるまで、様々な設計を行ってきた。兄リヴィオの独立後は、兄ピエル・ジャコモとともにFLOS創業期より活躍。ARCOをはじめ数々の名作を残した。また、1956年創設の ADI (イタリア・インダストリアル・デザイン協会) の創設者の一人でもある。イタリアデザイン界の巨匠であり、現在活躍するデザイナーたちに多大な影響を与えたデザイナーといえる。

ピエル・ジャコモ・カスティリオーニ /Pier Giacomo Castiglioni

1913 - 1968 イタリア・ミラノ生まれ。
1937年ミラノ工業大学建築学科を卒業。1938年建築家カルロ・パガーニとの共著「Fifty Significant Squares in the Milan of the Future」でミラノの都市計画に問題提起をする。同年、ミラノに兄リビオ・カスティリオーニ(1911-79)とArchitecture, Urban Buildings and Research into Industrial Designを設立。1944年には弟アキッレ・カスティリオーニ(1918-2002)も参画。1952年にリビオが独立し、1957年コモにて「Colors and Forms in Today‘s Home」展を開催。ミラノ工科大学で教授として教鞭をとり、1964年第13回トリエンナーレの実行委員となる。1940年以降ミラノトリエンナーレで毎回展示をし、1955, 1960, 1962, 1964,1967, 1979各年のコンパッソドーロで数多く受賞する。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。